お店や会社で使用している車を
宣伝媒体として有効活用!!

クルマのリアウィンドーを走る看板・走る広告塔に



トップページ チラシボックス 交通広告 カーステッカー お問い合わせ 申し込み
 

  車のリアウィンドーは一番の広告スポットです!!
広告に予算をかけない方法  



        
資産の有効活用

リアウィンドーは、歩行者にも運転者にも目線が届きやすい格好の広告媒体です。

あなたのクルマのリアウィンドーは有効に活用されていますか?

マジックステッカーと言っても過言ではない不思議なフイルム(Flex Vision)。


外が透けて見えるからバックの視界もバッチリ!!

他の媒体に広告を申し込むわけではないので、契約期間に伴う広告掲出料が一切かかりません。

標準小売価格よりさらに安く致します

車種サイズ標準小売価格(単位1枚)
軽自動車200x700mm8,000円(税抜き)
普通車300x800mm10,700円(税抜き)
普通車300x900mm12,700円(税抜き)
      上記価格は一般小売価格を掲載しておりますが、
弊社におきましては現在ユーザー様に「よりリーズナブルな金額でサービス提供をモットー」として
      さらに割引価格で提供させていただいております。(北海道・沖縄は除く)
お気軽にお問い合わせください。

配送料はサービス致します
代引き手数料はご負担願います。
  
〇複数枚お申し込みは単価割り引きになります。
またサイズや枚数でも変わりますので、ぜひお問い合わせください。


●イラストレーターで作成済みの方のみ承ります。
これだけで自社のクルマを走る看板・走る広告塔に変身させられます。

では、具体的な実用例をご覧ください。

           
自社のクルマを移動手段や物流だけに使用されるのは勿体ない話です。
車を今以上に有効活用する方法としてぜひ、ご検討ください。

 
バスの広告でも人気広告スペースと言えば?

バス広告が人気の広告スペースと言えば、外側の「後部鉄板広告」です。

クルマを運転していれば目の前の看板広告が嫌でも目に入ります。

信号停車中は勿論のこと、走行中にも広告効果を発揮します。

また歩行者の視界にも当然入るので大勢の人達にアピールできる利点が理由です。

但し、 バスの外部広告は制作料、申込台数、掲出期間中の掲出料ともろもろの経費が嵩みまので 一般のお店や商店様にとっては金額的にハードルが高いと言う問題があります。

それでも空き状態待ちが多いのは、この広告媒体の遡及率の高さが認知されている 証拠とも言えるわけです。

ならば、一層のこと自社の車を広告媒体にしてしまえばと言う考えに到ります。

広告掲出料もカットできますし、 運行経路に限定されることなく自由に移動型広告看板として利用するのも 面白いと思います。

移動型看板として利用してみる。
固定の看板は広告威力を発揮するには当然人通りの多いところが条件になります。

そこには当然高い看板制作料と掲出料が負担としてのしかかってきます。

自社の車なら自由に人通りの多い所や交通量の多い所を選択できますので、 費用対効果からいってもお勧めできます。

販促のアイデアと言えるのではないでしょうか?

                  
不思議なフイルム

「マジックステッカー」とも呼べる特別なシール。一般的なステッカーとは違う大きな特徴があります。

貼り方はとても簡単!!

糊付ではなく、ガラス表面に吸着するカーフィルムですから どなたにも失敗無く簡単に貼れます。

カーフィルムは0.4mmと厚いので、一般のカーフィルムと違い 皺にならず取扱がとても簡単です。

糊付きカーフィルムやステッカーと違い、 繰り返し貼って剥がせるので経済的です。

 貼り1分 剥がし3秒!!  誰にでもできる超簡単施行(施工ムービーをご覧ください)

ウインドーの内側に貼るタイプと外側に貼るタイプがあり、 スモークガラスの車には、外側に貼るタイプがお勧めです。

外に貼ったら風で飛んでしまうのでは?

確かに冬期はシートの吸着力が低下するのですが、 温めて貼ればしっかり吸着します。

それでも心配な場合は、四隅に透明の両面テープ(添付)を 貼ってお使いください。

最後に大事なポイント
それは、匂いが全くしないことです。
閉じられた空間の車内に貼っても、 溶剤系のインクジェットのような刺激臭がありませんから、 タクシーなどにも安心してお使いいただけます。

TVに放映された話題の商品です。 ベンチャー製品コンテストでは 優秀賞を受賞しています。
        施工ムービー

 
Q&Aよくある質問コーナー
   
質問:雨に濡れても大丈夫ですか?

答え:全く問題有りません。
   インクは水に溶けません。


質問:貼り剥がしは簡単ですか?

答え:とても簡単です。


<貼り方>
ガラス面の汚れを落とし、中性洗剤を微量加えた水でガラス面をまんべん無く濡らし(霧吹きがあれば理想的)
シートの左右どちらかの一端からスキジー(ヘラ)などで水を押し出しながら密着させます。
最後に余分な水をしごき出せば完了。所要時間:1分!!



<剥がし方>
端を引っ張るだけです。所要時間:3秒!!


質問:色褪せしませんか?

答え :屋外用の顔料インクを使っていますので、内貼りでは、直射日光に当っても5年程度は色褪せしません。

クルマに外貼りの場合は、擦れなどの要因が加わりますので2年程度とお考えください。(使用条件により異なります)

店舗、オフィスなどでは、クルマに貼った場合よりも永く使えます。



質問:曲面にも使えますか?

答え:糊を使っていないのでRのきつい曲面に貼ると剥がれる恐れがあります。

Rのきついリアウインドーなどに使用する場合は、Rの少ない中央部分に限定するか
要所を透明の両面テープで固定してください。



質問:夜間はどう見えますか?

答え:商店などのウインドウに貼った場合、絵柄が見えなくなり、電灯のついた店舗内が見えてしまいます。

窓の外にライトを付け、絵柄を照らすと昼間の見え方に近くなります。



質問:紫外線や遠赤外線をカットしますか?

答え:紫外線は90%以上カットしますので、日焼け防止に効果的です。

また、太陽の日射を70%程度カットしますので、真夏の熱さ対策にお勧めです。


冷房の効きが全然違います。



質問:車検は通りますか?

答え :後部座席より後ろのウィンドーおよびリアウィンドーに貼る場合は問題ありません。

フロントウィンドー、運転席および助手席のウィンドーに貼ることは違法です。



質問:クルマのウインドウの外にも貼れますか?

答え :はい、貼れます。

スモークガラスのクルマなどでは絵柄が暗くなり見え難くくなる場合には、外貼りをお勧めしています。

ウインドウの外に貼りますから、スモークの影響を受けません。

欠点としては、内貼りに比べ耐久期間が短くなります。

内貼りでは5年程度ですが、外貼りでは2年程度とお考えください。(使用条件により異なります)

冬期の低温下ではシートの吸着力が低下します。

外貼りでお使いになる場合は、盗難防止のためにも四隅を透明の両面テープで固定することをお勧めします。

なお、内貼りと外貼りでは、印刷の仕方が異なりますので、ご注文時に指定してください。



参考: 内貼り仕様は、ガラスの室内側あるいは車内側に貼るようにつくられています。

シートの絵柄の見える側をガラス面に密着させます。

外貼り仕様は、ガラスの屋外側あるいは車外側に貼るようにつくられています。

シートの黒いストライプ面をガラス面に密着させます。



質問:クルマで外貼りした場合、ワイパーや洗車は大丈夫ですか?

答え :ワイパーや洗車機のブラシで剥がれることはありませんが(冬期は両面テープで固定した場合)、

ワイパーの場合は砂埃などで表面に擦り傷が付きますので、ワイパーはなるべく使わないようにしてください。

洗車の場合はワックスなどが悪影響を及ぼす恐れがありますので、ワックス洗車は避けてください。



質問:クルマで外貼した時、雨の日もバックが見えますか?

答え:シートに穴がありませんから、穴に水が溜まることが無く雨の日もバックが見えます。

また、穴開きシートのように穴に埃が溜まることもありません。



質問:夜間でもバックが見えますか?

答え:ストライプパターンでは、暗がりでのバックは多少不安を感じます。

ウインドウの上部に寄せて貼り、下側を空けると見やすくなります。

リア全面に貼る場合は、ストライプに比べ外が明るく見えるメッシュパターンをお勧めします。

リア全面以外は、外の画像が濃く見えるストライプパターンをお勧めします。






質問:貼る時、くっつきが悪いのですが?

答え :冬期など気温が低い時は、シートが固くなり柔軟性が悪くなります。

シートをお湯に浸す、ドライヤーで暖めながら貼るなどすると柔らかくなり、奇麗に貼れます。

クルマのリアの場合は、デフロスト(霜取)をオンにするのも効果的です。


逆に夏期など、ガラスが熱い状態ではシートが柔らかくなりすぎますので、

水で冷やして日陰に移動するなどしてから、作業をしてください。



質問:貼った時、気泡が残ってしまうのですが?

答え :シートに気泡の凹凸の跡が付いてしまった場合は、スキジーでこすっても奇麗にすることは困難です。

その場合は一旦シートを剥がし、熱めのお湯(50〜60℃)に浸けて柔らかくしてから、貼り直してください。



質問:取扱い上の注意点は?

答え :折りたたんだり、丸めた状態で長時間保管するとインクがシートに転写します。

保管する場合は、剥離シート(シート表面に貼付けてあった半透明のシート)、紙などを印字面に当てがい保管ください。

折り畳んで保管することは避けて下さい。強く折ると折り目が白く変色します。



質問:オリジナルデザインで作りたい時は、どうすればよいでしょうか?

答え :IllustratorやPhotoShopなどで作成したデジタルデータがあれば理想的です。

ストライプはプリンターが自動的に発生しますので、作画の必要はありません。

通常のポスターと同じ要領でデザインください。文字は必ずアウトラインをとってください。

完成原稿データで入稿の場合は、データ作成料は無料です。



質問:絵柄は要らないのですが、無地のシートは買えますか?

答え :はい。絵柄を印刷する通常のFlexVisionの半額でお求めいただけます。
目隠し、日除け、紫外線防止に優れた効果があります。
シワ無く簡単に貼れます。


お申込みされた場合に下記e-bookをプレゼント!!
お見積を致しますのでよりお願い致します。

 

    
オンライン・オフラインマーケティング戦略e-bookプレゼント

弊社のリアウィドウ専用の"マジックステッカー"を ご紹介頂きました。
自動車業界・バイク業界を活性化させるべく、半ボランティアで自社 Hにて様々な情報発信をされている 自動車業界特化型会計事務所OFFICE M.N GARGE様より

実際に見本を使用されてご感想も頂戴きました。
詳しく内容が載っていますのでご参考になさってみてください。

自動車業界特化型会計事務所OFFICE M.N GARGE

ページTOPへ

Copyright © 2011 第一広告社 All rights reserved.
by 第一広告社